ハマブン句会 投句箱

横浜文芸の会の「ハマブン句会」投句箱です。 ひとり5句まで応募できます。特選俳句は来月発表! 名前の欄には俳号を。本名はメニューから管理者へメールでお知らせください。


カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:36/216


[198] 惜しかった句

投稿者: 箱の番人(選者に代わって) 投稿日:2021年 6月 5日(土)10時05分58秒   通報   返信・引用   編集済

田植え機の音の高鳴る被災地に     荒智十三

作者が一番言いたかったのは被災地でまた田植えが始まる喜びや期待だろう。
いい句なので、その被災地を最初に持ってきた方が思いが伝わるという意見が多かった。
また最後が助詞で終わるのも散文的になりまとまりに欠けてしまう。
語順を替え
被災地の田植え機の音高鳴れり
としてはどうだろう。
被災地も地震による被害なのだろうか?
地震あと(なゐあと)の田植え機の音高鳴りぬ
とすると、より具体的で迫って来る。
あと少しで特選が取れなかった惜しい句だった。

http://


新着順:36/216

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.