ハマブン句会 投句箱

横浜文芸の会の「ハマブン句会」投句箱です。 ひとり5句まで応募できます。特選俳句は来月発表! 名前の欄には俳号を。本名はメニューから管理者へメールでお知らせください。


カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:9/127


[135] 三段切れについて

投稿者: 箱の番人  投稿日:2021年 4月 5日(月)19時44分33秒   通報   返信・引用   編集済

2月の選句の会のご報告として
「三段切れについては次回に」と予告してしまいました。

今回の3月分の投句の中で、選者の方々に三段切れの俳句について教えを乞うと

例として

春愁ひ幼き記憶私鉄駅   虚村

が上がりました。

五七五のそれぞれが体言で切れており、イメージが散らばるので、できれば避けた方が良いとのこと。

選者の皆さんが作るとしたら

遠き日の私鉄の駅や春愁ひ

となるのだそうです。

切れた言葉の間に余韻を感じてしまった私はちょっと戸惑う。
う~ん、俳句って難しい…。

http://


新着順:9/127

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.