うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


598件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[577] イソップ物語!

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年11月25日(日)15時19分35秒   通報   返信・引用   編集済

konoha様

いつも思うことですがkonoha様はこれまでに数多くの書物を読んでこられた文学少女だったのですね!
拝読させて頂いているコメントの文面から、その様子が伺えます。そしてそれが羨ましくも感じます。
私事で恐縮ですが、今から30年ほど前、我が家の子供たちが小学校入学が近づいたころ、ためになればと思い講談社の少年少女文学館全20巻とポプラ社の子供の伝記全集全45巻を買って上げたのですが、その本を処分せずに私の部屋のサイドボードに長年しまっておいたのですが、実は今ではその本を読むのが楽しみになっています。今思えば処分しなくて良かったと思っています。
最近では昔から好きだった「イソップ物語」などの本も読んでる始末です(笑)。また「走れメロス」などは長年変わらぬ私の愛読書となっています(大笑)。
先ほどのご投稿コメントに出ていた三橋美智也の「みれん山唄」の文字に触発され、私はこれから三橋美智也の世界に入ろうとしているところです。またのコメントを楽しみにしています。



[576] 無題

投稿者: konoha  投稿日:2018年11月25日(日)14時06分20秒   通報   返信・引用   編集済

なちさま 芳勝さま
 舟木一夫「敦盛哀歌」のご案内ありがとうございます。舟木一夫の若武者ぶりはなかなかの美丈夫ですね。人形劇の敦盛と直実も佳いです。やりとりする言葉が聞こえてきそうです。
舟木一夫「木挽き哀歌」いいですね。映像の中のオダギリジョーと女優さん名前はわかりませんが、この二人もいいですね。三橋美智也の「みれん山唄」を再び聴いてしまいました。両方ともいいですね。

福ちゃんさま
 早速、小林啓子の「比叡おろし」を聴いてみました。イメージが湧き映像が視えます。溝口健二の雨月物語の雰囲気が現代に蘇ります。

「その考古学者は30代後半の妻帯者で、単身赴任で琵琶湖に注ぎ込む安曇川付近にある朽木陣屋跡の発掘調査を行なっている。 彼は時々一人で離れた町へ出かけ、こぢんまりした居酒屋を訪れていた。寡黙な店主は渋くなった髪を五分刈りにしていてちょっと近づき難い印象だったが、美味しい食事を提供していて、考古学者はその味が好きだった。外はすでに暗くなり街灯の灯りで風花が舞っているのが見える。
 考古学者がぐい飲みを空けた時、店主が入口を見て「おっ、めずらしいね」という声で振り向くと、「ほんと、久しぶり、今夜は冷えるわねえ」と女性が入って来た。 それが考古学者と女性との出会いだった。」

この後は、福ちゃんさまにお任せ致します。



[575] カツオタタキ

投稿者: 焼酎 投稿日:2018年11月25日(日)13時00分39秒   通報   返信・引用

一章様、カツオタタキで芋焼酎は最高です(血圧が上200・下120、関節激痛のため“減酒中”です)。
北関東は運転の荒っぽさ全国最悪です(赤信号直後に車2~3台通過!狭い道路は対向車無視はみ出し!道路ド真ん中走行!)。佐賀は運転正常ですか。
↓【ドラレコ】 2017 日本の事故・危険運転・トラブル集 60
http://www.youtube.com/watch?v=svJZO9CTqb4



[574] Re: マキの木を剪定しました

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月25日(日)08時56分33秒   通報   返信・引用   編集済

> 我が家の庭に半世紀以上も家族を見守ってくれている一本のマキの木があります。
> 毎年剪定をしており、昨年の剪定の時に刈り込みすぎたようで、新芽が芽生えるのかと心配をしていたところ、徐々に青々とした新芽が見事に芽生え、数か月前より枝が伸びに伸びの状態になってしまいました。
>
> 今年の剪定の時期を数日来考えていましたが、本日早朝よりエンジンがかかりました。
> 植木用脚立2脚・刈り込み挟2丁・剪定鋏1丁を用意し、いざ剪定作業開始・・・
> マキの木が自宅横の河川沿いにあり、作業は難航に難航・・・
> 河川の中に脚立を入れるなど・・・悪戦苦闘の末、無事完了。
> 午前9時前に作業開始で、昼食と休憩を含め、後かたずけ及び鋏・脚立等のメンテナンスを終えたのが、大相撲九州場所の14日目貴景勝と高安の仕切りが始まるところでした。
>
> さて、今晩の芋焼酎の味は一仕事終えたこともあり格別でした。
> 因みに、芋焼酎の「おとも」は「カツオのタタキ」でした。
> やはりこれに限りますね!


一章様
奮闘なさいましたね。
大仕事の後の焼酎とカツオノタタキは殊の外胃袋に染みわたったことでしょう。
ビタミン補給に当地の蜜たっぷりのふじ林檎をどうぞ



>
>



[573] Re: 映画

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月25日(日)07時26分29秒   通報   返信・引用

> りんごさん、
> 私は舟木一夫さんのコンサートは(西郷、三田さんのトリオも含めて)全部で6回です。
>
> 芳勝さん、
> 「敦盛哀歌」の映像が、大川橋蔵さんのデビュー作「草吹若武者」の映画からと言うことですね。
> 美空ひばりさんの「青葉の笛」も 同じ髪型と着物と思ったら、投稿者が 同じ 8686diamond  さんです。
> 投稿者は違いますが、映画のタイトルの此方ですかね。
> https://www.youtube.com/watch?v=Hg4T1qMR_Dc
>
> 母が連れて行ってくれたのに「大川橋蔵は嫌い、にやけてる」良い顏、と思って観ていたのにー
> 学校からも時代劇を観に行きました。
> 先生が「市川右太衛門の子供が北大路欣也です。デビューが親子での共演です」と。
> 何の映画だったのか調べたら「父子鷹」でした。

なち様
参りました。
3人のコンサートも一度行ってますが、
舟木一夫独り勝ちでした。三田明健闘、西郷は声も出ませんでした・
真っ赤なスーツだけが存在感を放ってました



[572] Re:映画

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年11月25日(日)07時12分6秒   通報   返信・引用   編集済

なち様 おはようございます。この度UPして下さった動画はまさに舟木一夫が歌う「敦盛哀歌」の映像に出てくる東映映画「笛吹き若武者」の中のワンシーンですね!
おかげ様でまた違うシーンの映像を観ることできて、何だか得した気持ちになりました。有難うございました。

追伸!ちなみに私が観たシーンは「敦盛哀歌」の検索でYouTubeに動画UPされてた中の舟木一夫歌唱後半部に敦盛と源氏の武将が浜辺で戦うシーンが写っている方です。



[571] 映画

投稿者: なち 投稿日:2018年11月25日(日)06時27分38秒   通報   返信・引用   編集済

りんごさん、
私は舟木一夫さんのコンサートは(西郷、三田さんのトリオも含めて)全部で6回です。

芳勝さん、
「敦盛哀歌」の映像が、大川橋蔵さんのデビュー作「草吹若武者」の映画からと言うことですね。
美空ひばりさんの「青葉の笛」も 同じ髪型と着物と思ったら、投稿者が 同じ 8686diamond  さんです。
投稿者は違いますが、映画のタイトルの此方ですかね。
https://www.youtube.com/watch?v=Hg4T1qMR_Dc

母が連れて行ってくれたのに「大川橋蔵は嫌い、にやけてる」良い顏、と思って観ていたのにー
学校からも時代劇を観に行きました。
先生が「市川右太衛門の子供が北大路欣也です。デビューが親子での共演です」と。
何の映画だったのか調べたら「父子鷹」でした。



[570] 源義経!

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年11月24日(土)22時30分15秒   通報   返信・引用   編集済

なち様の「青葉の笛」へのご投稿コメントにありました舟木一夫の「敦盛哀歌」をYouTubeで視聴しましたところ、ここに写り出す白黒映像はまさにこの歌詩のストーリーそのものでした!
調べてみましたところ、昭和30年の東映映画で大川橋蔵のデビュー作「草吹若武者」だとわかりました。定かではありませんが、馬にまたがり浜辺での対決シーンで見る限り、平敦盛役(大川橋蔵)源氏武将熊谷次郎直実役(大友柳太郎)だと思います。あと美空ひばりも玉織姫役で敦盛との逢瀬のシーンなどに出演しています。今観ると白黒映画も良いですね。
「敦盛哀歌」を歌っている舟木一夫自身も、昭和41年の大河ドラマ源義経で平敦盛を演じていたんですね。この当時の舟木一夫はまさに人気絶頂で、私は小学6年生でしたが姉と一緒に映画館に行き、和泉雅子と共演した「絶唱」を観たことが思い出されます。写真で見る戦装束に身を包んだ彼の姿は颯爽としてなかなかイカシテますね。
今日は「青葉の笛」に夢中になり、YouTubeで倍賞千恵子歌唱などこの唄の動画視聴や、またその関連検索三昧の一日になりました。

追伸!なち様が仰るとおり、健康で長生きに挑戦してみます。







[569] Re: 本

投稿者: konoha  投稿日:2018年11月24日(土)22時03分55秒   通報   返信・引用   編集済 > No.567[元記事へ]

なちさん
 小学生のころ世界少年少女文学全集を読んでいましたので、子供用に書かれていることはわかります。それを差し引いても、源氏物語の世界が面白いと思ったなちさんの子どもながらの感性が凄いと思った訳です。









[568] 青葉の笛  なち様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月24日(土)21時39分14秒   通報   返信・引用

なち様
舟木一夫の敦盛  役も歌もぴったりでしたね。
哀切な雰囲気が舟木一夫ならです。
潤んだような声が魅力です。
気の多い私はシニアになってからの舟木一夫ショーに2度行ってます。
老いて尚~ますます素敵でした。


598件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.