うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[420] りんごさま

投稿者: 一章  投稿日:2018年11月 5日(月)20時33分55秒   通報   返信・引用   編集済

りんごさま
本日の宅配も無事終わり、一日の疲れを癒す夕食時での我が家の「居酒屋」の開店と相成りました。
早速、お湯割りの薩摩芋焼酎を注文・・・
焼酎のおともに何が出てくのかなあ~と思っていたところ、なんと「りんご」さま、京都伏見店「梅の花」お手配の見事な二品が目の前に・・・カラオケではなくテレビ観戦で美味しくいただきました。
ありがとうございました。
今後とも焼酎のおともを楽しみにいたしております。
これから寒さも一段と増して来るかと思われます。ご自愛くださいませ。



[419] 一章様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月 5日(月)16時32分9秒   通報   返信・引用

一彰様
大変感動的なお話の紹介をありがとうございます。
やはりジーンと胸に響き涙を誘われました。
例のごとく映像のみですが~焼酎のおともになればとお送りいたします。九州は福岡に有るチエーン店「梅の花」京都伏見店に手配いたしました。季節柄健康にはご留意ください。



[418] yasushi様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月 5日(月)14時11分0秒   通報   返信・引用   編集済

yasushi様
心洗われる女王の写真ありがとうございます。
本来は3000メートル級の高山植物ながら、緯度の高い当地の蔵王(標高1841m)にもコマクサの群生地があります。もう登ることは叶いません。緯度が1度高くなると標高100メートルの高低差と記憶してます。

一国の宰相も「家庭の幸福は妻への降伏」と言ったとか?
町内の信用組合のハナミズキの紅葉がとても綺麗なのですが、いつも見頃を外しています。
普段車で通り過ぎてしまい今日こそはと行ったのにやや盛りを過ぎていました。


米どころに居て心が痛まないでもないが手軽さに負けてパン食となります。
今朝は和洋折衷で肉じゃがなど。



[417] Re: 野ばら

投稿者: nobara 投稿日:2018年11月 5日(月)12時15分4秒   通報   返信・引用   編集済 > No.415[元記事へ]

なちさま

ありがとうございます!
三木露風作詞の『野薔薇』を初めて聴きました。
歌詞の中に、「蝦夷地の野薔薇」と、何度も出てきますね。
ハマナス(マイカイ・浜薔薇)は北海道でよく見かけ、虚子の俳句にも…。
しかし、ハマナスは確かに野生のバラですが、不覚にも野ばらと思ったことはこれまでに一度もありませんでした。ハマナスも好きですが、私は白い野ばらが好きです。
花の大きさも、まったく違いますしね。
ああ私の頭も固くなったものです。
なちさまに敬服!というほかはありません。



[416] 我が家の朝食

投稿者: yasushi 投稿日:2018年11月 5日(月)11時35分10秒   通報   返信・引用   編集済

りんご様のお便り〔401〕、有難うございました。
シャンソン「フル・フル」を記憶しておられる由、同好の仲間に出会えたようで、嬉しいことです。
そして、美味しそうなパン、コーヒー、カレー・ライスの写真を見ますと、食欲の秋を感じます。

さて、子供たちが社会人になって、巣立って以来、我が家の朝食は簡素化され、パン(トースト)、オレンジ・ジュース、野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんじんなど)コンソメ・スープ、コーヒーが定番になりました。
最近では、コンソメ・スープ作り(週二回位)や、日々の朝食準備は私の分担になってしまいました。家内には、長い間の子育てなどで苦労をかけてきたので、この位は致し方ないと割り切っています。

目の保養に、高山植物の女王と言われる、”コマクサ”の写真を添付します。この夏に、バスで乗鞍岳登山した際に、九合目の畳平付近で撮ったものです。あいにく、雲の中で視界が利かず、期待の槍・穂高などの眺望は相成りませんでしたが、それを慰めてくれるように、コマクサの初撮影が叶いました。



[415] 野ばら

投稿者: なち 投稿日:2018年11月 5日(月)10時39分41秒   通報   返信・引用

>?と思う箇所には、ばらの棘にスカートが引っかかって、呼び止められたような気持になってしまって。

詩人のような表現ですね。
外国曲の歌詞に「紅・赤」がありますが、私は山に咲いてる白色が浮かんで来ます。

日本産の原種「ロサ ムルティフローラ」https://himenobaraen.jp/blog/?p=76
三木露風 山田耕筰 野ばら はハマナスのこと と、ネットにあります。

nobaraさんは、ひっそりと山に咲く白色ですか?



[414] 日本の野ばらについて

投稿者: nobara 投稿日:2018年11月 5日(月)09時43分7秒   通報   返信・引用

細かいことが気になってしまう性質で、ごめんなさい。
シューベルトやウェルナーの「野ばら」は大好きな曲で、ここに出てくる野ばらは赤い花です。
でも、日本の古くからの野ばらは、白い花です。
最近は外来種が入っているのかどうか……?
こんなことをいちいち気にしていたら、歌も楽しめなくなりそうですが、歌詞を読んでいて、?と思う箇所には、ばらの棘にスカートが引っかかって、呼び止められたような気持になってしまって。
nobaraの独り言です。



[413] Re: konoha様

投稿者: konoha  投稿日:2018年11月 4日(日)21時41分7秒   通報   返信・引用   編集済

りんごさま
 「もってのほか」の由来を聞いたときなるほどと思いました。そのくらい美味しいのですね。お殿様は他にも美味しいものを食していただろうにと思いますのにね。食用菊とくに紫ではなく黄色が好物です。湯がく時お酢を入れると瞬時に鮮やかになりますね。赤紫蘇のジュースをつくるときも、赤紫蘇を湯がいてから葉を取り出した後にお酢を少々たらすと鮮やかな綺麗な色に変わります。その瞬間が好きです。

 絵本の表紙の絵が素敵ですね。先ほどNHKのニュースで、イタリア全土での暴風雨被害を受けた映像を流していました。バイオリンの名器「ストラディバリウス」の材料になった山の樹々が風速50メートルの暴風雨でなぎ倒されました。またたしか1万4000本の樹々がなぎ倒され、元に戻るのに100年かかると報じていました。驚きました。今年は世界規模の自然大災害がありました。地球温暖化が止められないのですね。行なう対策は人間の営みのスピードに追いつけていけない現状ですね。




[412] konoha様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月 4日(日)20時36分34秒   通報   返信・引用   編集済

konoha様
こんばんわ。
もってのほかは花びらが管状になってるので
とてもシャキシャキします。早稲と晩成とあるが味は晩成がはるかに優れています。
湯がく段階で酢を入れると  色鮮やかになります。
konoha様はいける口なのですね。楽しみがあっていいですね。
読書家とお見受けいたしますが、自分の為の絵本などいかがでしょうか。
私は4校で読み聞かせ活動をしているが、15分と限られておりこの本の出番がありません。
始めと終わりの挨拶を含めての15分なので。
作者は チェロも弾く画家で、柳田邦夫氏の現在の奥さまです。
涙が出ます。
他に、「1000の風、1000のチェロ」は阪神淡路大震災復興支援のために開かれた「1000人のチェロコンサート」に参加、演奏した経験を元に描かれた絵本です。



?

http://



[411] 食用菊

投稿者: konoha  投稿日:2018年11月 4日(日)19時06分17秒   通報   返信・引用

りんごさま
 食用菊は美味しいですね。秋になり店頭に黄色の菊が並ぶとついうれしくなっていつも2パック買い求めます。さっと湯がいてぽんずに少々お酢を足していただきます。今日のお酒の肴に湯豆腐とたっぷりの菊をいただきました。「高徳」の蜜が凄いですね。林檎の名前も凄いですね。


455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.