うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


1615件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1701] Re: 幌馬車の唄を聞いて

投稿者: yoko 投稿日:2020年 6月25日(木)11時50分7秒   通報   返信・引用

私は戦後生まれの平和教育の世代で、朝鮮の歴史も台湾の歴史も日本の歴史も詳しい訳ではありません。

少し前までNHKはニュースの終わりに「お隣の韓国では・・・」と韓国の話題をよく取り上げていました。今はどうなのでしょうか。町ではハングル文字も多くなり、所によっては交通機関でのハングル表示、韓国語のアナウンスもなされているようです。特に安倍政権の下で韓国人、中国人の入国が盛んに奨励されてきたように思えます

今私はテレビも新聞もない生活で、世の中の話題はもっぱらyoutubeの動画で知る程度です。動画のリスト表示には視聴者の好みが反映されるそうですから、これはこれで偏ってる情報の選択かも知れません。私の動画リストにリベラルな主張は入ってこないように思えます。

敗戦直後、朝鮮、台湾の状況は国民に知らされないようにされていたみたいですね。
私の祖母は朝鮮から着の身着のままで引揚げた親戚、知人の話から大の朝鮮人嫌いでした。

平和主義で小学生の私は祖母に、「差別は良くない、世界人類みな兄弟、仲良くしなくては」、と反発していたのですが、祖母は目を瞑り耳をふさいで顔を歪めていました。私は「大人って考えが固まってしまっているからもうだめだなぁ、これからは平和教育で育った子供たちが大人にならなくては・・・」、と思っていました。

台湾で数万人もの虐殺事件があったこともインターネットで知りました。ある記事では、犠牲者が「日本軍が必ず戻ってくる・・・」と呟いて息絶えたという話もありました。台湾は当時から親日だったんですね。

いつだったか・・・私が小学生の頃ですが、お正月か、祝日の日、母が玄関に日の丸を掲げたことがあります。村では他にそのような家はありません。私はなんだかそれが誇らしく思えました。しかしそれはその時だけのことでした。私は以来、なぜ日の丸を掲げるのを止めたのだろう、と思っていました。今では母が死ぬ前に聞いておけばよかったと思い悔やみます。きっと苦情があったのか、嫌がらせがあったのではないかと思います。表現の自由は憲法で保証されているとはいえいざ実行することになると勇気もいることですね。

朝鮮半島からの引揚者は日本で日の丸を見てきっと感激で涙を流したことと思います。



[1700] うざい

投稿者: 通りすがり 投稿日:2020年 6月25日(木)01時04分32秒   通報   返信・引用

モテ自慢はよそでやってもらいたい。



[1699] ♪不如帰♪ 終活に向けて

投稿者: けい。 投稿日:2020年 6月24日(水)00時05分52秒   通報   返信・引用   編集済

    昨年の11月【1324】で軽いお約束でしたが、芳勝様からもご期待を戴きましたので、このたび『私の終活に向けて』恥も外聞もかなぐり捨てて、ご披露させて戴きますのでご高覧下されば幸甚に存じます。

  加齢を重ねますと言う事なすこと、何十年も前の若い時の事を、掠れた記憶を辿りながら書くのですが、文学の素養も無い上に、この頃は語彙がスッと浮かんでこないのでとても大変です。
  前置きが長くなってしまいますが、もうちょっと聞いて下さい。お話ししたい『ほととぎす』に辿り着く迄には、それぞれ関連した経緯が多々ありますので、私の「愛と恋のすべて」を聞いて戴く必要があるのです。
  どうぞ我慢なさって始まりからお読み下さい    ♪♪♪ 尚、氏名 固有名詞等はすべて仮名です。

     さあ! ここからは私の、好しょく一代記 へのプロローグ

    Vol.1: 恵美子先生との別離!
  愛の讃歌(2019.11)への投稿のように、15歳の私は恵美子先生からピアノを習っていた。 清楚な女性で教え方はとても厳しく、そして優しく丁寧に教えてくれたが、ピアノ以上に先生の事が大好きだった。
  彼女はバツ1で娘さんと父母と4人で住まわれていた。 ある時「僕は成人したら先生と結婚したい」と告白したら彼女は、「あなたとは18も違うのよ。もっと若い同じ歳ぐらいの人と結婚しなさい。梨沙(娘さん)はあなたと三つ違いだから予定に入れておいてね。」と軽くいなされた事もあった。
  お父さんの転勤で教室も移転となり、最後の練習が終わり玄関でお礼とお別れの挨拶をし、顔を上げ先生を見つめたら彼女は、トントンと上がり框まで降りて来て私の顔を両手で挟み、
  『わたしを好きと言ってくれたお礼よ!』と言いざま熱いキッスをしてくれた。
  私は両手にバッグを持っていたので彼女の為すがまま! 幸せの20秒間だった♪♪♪『ありがとう♪先生♪』と叫び、ふわふわと飛ぶように家までの300メートルを、眼を潤ませながら帰った18歳の美少年。

    ★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆

     Vol.2: 恵美子先生との奇遇!!
  その後22歳で結婚、しかし十年で離婚、独身生活に。
  当時 ターミナル駅の裏通りに美味しい「壱之瀬」という割烹居酒屋が有った。現在のようにグルメのなんのと言う時代でなかったが、食通の間では有名だった。
  但し 安い飲み屋だと千円以下で充分飲めるとすると、そこの「壱之瀬」では三千円以上と言うように、客単価が3倍以上で私などは週一で行ければ上等と言うお店。二週間ほどご無沙汰したその壱之瀬に足を向けた秋の宵だった。
  表通りから裏通りに曲がったとき、壱之瀬の入り口にかかった暖簾を覗くように見て、クルッとこちらへ歩いて来る女性。だんだん近づいて来て、  あっ!アッ!・・・『先生!!』  『恵介クン!!』
  何も言わずに路上で堅く手を取りあってしまった。『恵介君!立派な大人になったのね!!』と涙ぐむ先生。何という奇遇であろうか!この十数年忘れ得なかった恵美子先生を目の前にして、お元気でしたか?と言うのが精一杯だった。
  彼女は壱之瀬の評判を聞いて一度来てみたいと思い、一人で来てみたものの女一人では・・と思い直し帰ろうとしたとの事。 では僕と一緒に・・・と恋人同士のように二人で壱之瀬の暖簾をくぐった。
  そして十年余の空白を埋め合うように、恵美子先生と私は旨酒を差しつ差されつ、秋の夜長を語り合いながら楽しんだ。 その夜から恵美子先生とは、濃密な半同棲の生活が始まった。 1967年、彼女53.私35。
  然し1978年、娘婿がカナダへ転勤になり彼女も同行するため、11年間の愛に涙の別れを告げた。

           ♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪
      Vol.3:激似熟女。

     その後、50歳の大台を前にして1981年、縁が有って16歳下の今の妻と再婚し、一男二女を授かり安穏に暮らして居た。

  そして82歳の2014年秋から社交ダンスを再び始めた事は、先月ベサメ・ムーチョにコメントしたとおりである。
   社交ダンスを始めてから二週間後、或る社交ダンスサークルに行った時、逢わずもがなの女性と出逢ってしまったのである。 それは『ホトトギス』!!
  初めての顔合わせで、ホールに三十数人が輪になり私への自己紹介。そのうちの一人を見た時、私は凍り付いてしまった。何と恵美子先生が30余年の時空を超えて目の前に居る!!・・・と、思ったほど彼女に生き写し!!瓜二つ!!!
  別離の少し前の頃に「老眼かしら?小さい字がみえ難くなっちゃった。」と言って薄い赤色縁の眼鏡をかけ出したのだが、目の前にいる女性も同じうすい赤色縁の眼鏡だ。恵美子先生でなけりゃぁ誰なの??
  幽霊なのか??自分の頭が狂ってしまったのか??眼を 瞑って頭を抱え暫し休める。 そうだよ・・そうだよ!別離から40年近いのだから、恵美子先生だったら百歳のおばあさまだよ!!
  そんなことで自己紹介では彼女のことは勿論、他の誰一人として名前が耳に入っていなかった。直ぐあとでそのそっくりさんに名前を聴いたら『裕乃ですけど・・・』と言ったあと、『私の顔に何か付いていますの???』と・・・・・。

      ☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★

    Vol.4:裕乃との不倫の愛。
  そこのホールへ通う方向が同じだったこともあり、急速に二人の仲は近づき年が明けた頃から『軽いお付き合い』をしましょうか?と言う事になった。
  男女の関係の深さについてA・B・Cとあるのをご存知ですね。AはKissまで、BはPettingまで、Cは ◎◎◎と言われますが、裕乃との話し合いで『C』は別れるようになった時に辛いからやめようと約束したのです。
  16歳差の家内は口喧しい割には、私の身の回りの事はきちんとやってくれ特に不満はないけれど、私ももう80過ぎだし『C』はしないから一寸大目に見て頂戴と、勝手な事を考えていました。
  一週間に一回は社交ダンスで必ず逢い、多いときには週に四・五回逢った事もありました。

  そして2015年10月半ばのこと、浜辺などへデートに行った帰りに、ショッピングモ―ルに寄って駐車場の車に乗り込んだその時、『この歌はね わたしの今の気持ちと共感するの!』と言って、便せんに書いた♪ほととぎす♪の歌詞を私に見せたのです。
  その時の仔細はYouTubeへの投稿文のとおりです。
  家に帰って直ぐにYouTubeで検索し、3件有ったうちの一つでホトトギスを聴きました。何十回か聴いているうちにその思いを投稿してみようと思って、2・3日してから次のように投稿しました。2015.10下旬

    Vol.5: YouTubeへのコメント

       原文のまま。
      ‥‥◇◆◇‥‥‥‥‥◇◆◇‥‥‥‥‥◇◆◇‥‥‥‥‥◇◆◇‥‥‥‥‥◇◆◇‥‥

  私は既婚。女性はバツ1。ともに熟高年。
  先日デートの時 彼女は車中で「今のわたしの気持ちと共感する」と言って、この不如帰の手書きの歌詞を私に手渡した。
  サラッと読んだ私の目には涙が溢れました。
   添えぬさだめの不倫の恋に身を焼きながら、自身の気持ちを抑えに抑えてなお私を愛している彼女が、たまらなく愛おしく感じられました。
  以前彼女が 濃緑の淵海を見おろしながら「私と一緒に死んでくれる??」と言ったとき、「君が死にたくなったら何時でも一緒に死ぬよ」と答えたこともあります。
  でも 私たちは簡単には死にません。  不倫の恋の苦しみに耐えながら、僅かな歓びを求めて生きて行くつもりです。

  ☆私は演歌が嫌いでした。然しこの事があって村上幸子のこの歌を三日前から数十回聴いています。
  彼女は可愛いし声も良いし、歌も上手だし・・・・何故このような才能のある美人が夭逝してしまうんだろう。
  夜空の奇麗な「スター」となっている事でしょう。
  改めて村上幸子のご冥福をお祈り申し上げます。

      ☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★

   前述記事の十日後に、ホトトギスの事で次のような偶然が重なった事を、年が明けた2016.に再投稿したのです。

       ‥‥☆‥‥‥‥‥☆‥‥‥‥‥☆‥‥‥‥‥☆‥‥‥‥‥☆‥‥
   追伸:
   追伸なんて言うと可笑しなものですが、少し聞いて下さいね。
  このお話は昨年の10月ですが、その2週間後の11月初旬に割烹料理店で家族揃って会食をした時のこと、そのお店の床置きに清楚な感じのする,でも一寸寂しげな草花が活けてあった。
  それを見るともなく見ていた私の視線を感じ取った妻が、
  「あ、それホトトギスね!久し振りにお目にかかったわ!」と言った。
  「えっ!ホトトギス!!!??この花がホトトギス??」と、、、、、聞いて私は吃驚仰天!
  つい先だってバツイチ彼女と「ホトトギス」で涙を流したばかりなのに・・・・・
  この2週間という短い間に、違う種類にせよ「ホトトギス」の言葉を、関係する二人の女性から聞くなんて何という巡り会わせなんだろうと、暫し頭の中はパニック状態で真っ白になってしまった。

      ‥‥★‥‥‥‥‥★‥‥‥‥‥★‥‥‥‥‥★‥‥‥‥‥★‥‥

   以上がホトトギスに関連したお話の一部始終ですが、このYouTubeへの投稿に関し所謂誹謗中傷的な投稿が有りました。   それは無視して放って置いたら、不如帰のYouTube自体が消えてしまっていました。
         ♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪…♪
   それは兎も角、それほど愛し合っていたのに、双方の色々な事情 プラス新コロナ旋風で、この不倫愛にピリョードを打つことに致しました。
   とてもとても切なく辛い事ですが、家族の為にこの試練を乗り切るつもりです。

    こんなにも身を焼くような苦しみ、自業自得とはいうものの恋とは切ないものです。

   先日6月22日に『恋心』のコメントで ハコベの花さまが 『 恋ほど素敵なものは有りません』と仰っていましたが、そう言う恋をしてみたい!!
        こんな事を言ったら今の妻に申し訳ないけれど・・・
     生まれ変わったら素敵な恋をして、素敵な人生を送りたい!
      恋と結婚とは別のものだよ!!
        浮気もせずに一人の人と一生愛し合って生きられる?????などと未だに浅はかな事を考えている『 救えないオトコ 』

    以上、三文小説的な私の『 愛 と 恋 』のお話しを終わります。
            お読み下さって有難うございました。

       ☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★・・・♪・・・☆・・・♪・・・★





[1698] 幌馬車の唄を聞いて

投稿者: 栗山威郎  投稿日:2020年 6月22日(月)10時54分34秒   通報   返信・引用

この歌は全く知りませんでした。konoha様のコメントから台湾にも関係あると知り、2014.6.8にある黄敬煕様のコメントを読んでびっくりしました。ここにある「台湾紀行」は定年の時花束を贈られる代わりにこの本を頂きました。台湾には蒋介石による中国人の残虐な2.28事件等様々な悲劇がありますが、最大の親日国です。司馬さんを案内した蔡焜燦さんには何回かお会いしてお話や豪華な食事もお世話になりました。
非常に博学で日本に関する様々なことをご存じで、歌は歌詞がなくても童謡、小学唱歌、歌謡曲等なんでもすいすいと歌われ、川柳、和歌にも堪能てした。ご挨拶の時名刺を差し出したら名前を見て威郎(たけお)といいますが、これは三島由紀夫の公威と同じ字だと即座に言われておどろきました。
現在のコロナ騒動でも新聞等マスコミは取り上げませんが、台湾はマスク、防護服、医療器具など政府、各自治体などに無償で寄付を続けてくれています。
世界一の親日国です。確りと手を繋いで応援していかなければと常に思っています。
唄とは関係ないことを書きましたが、うた物語は毎日 朝、夕に難しいことは考えずその時代、メロディを楽しんで聞いています、







[1697] 啄木 東海の

投稿者: なち 投稿日:2020年 6月21日(日)21時27分13秒   通報   返信・引用

作曲 井上定吉  唄 藤原義江 https://www.youtube.com/watch?v=ExCRLHNMQrc
作曲 清瀬保二 唄 小川明子  https://www.youtube.com/watch?v=k6CbYrXwDnA
作曲 大西進  https://www.tomoshibi.co.jp/mp3/TKO-003.html

能勢の赤ひげさん 初恋は 1146 に書きましたが、
楽譜付きの資料を持っておられるので、メールをされたらと思います。
http://www43.tok2.com/home/manyohi/gembox5-2-0.html



[1696] なちさまへ

投稿者: 能勢の赤ひげ  投稿日:2020年 6月21日(日)19時42分45秒   通報   返信・引用

早速 お返事有り難うございます

  聞かせていただきましたが
   自分の 記憶するメロディではないように思えます

  一度 自分で歌って 友人にでも音符に変換してもらおうか
     と 考えました

  以前の 藤村の初恋も モヤモヤしたままです

   やれることを やってみようと思います

  その際には また お世話になると思います
     よろしく お願いいたします

              NN



[1695] 学校音楽のこと(徒然なるままに)

投稿者: yasushi 投稿日:2020年 6月21日(日)13時47分56秒   通報   返信・引用   編集済

昔憶えて、ずっと忘れていた歌が、あるとき、突然、口をついて出てきて、しばらく頭から離れないことがあります。

今朝、口をついて出てきた歌は、
♪咲き満つ花の 空うすみどり 杖ひく山じきも さわやか…♪
(ソドミドミレーシ レシレシドレミード ミドミドミファーラソファミード シドレド…)
という歌でした。歌詞もメロディも出てくるのですが、はて何という歌だったか、題名は出てきません。
いつものように、ネット検索してみたのですが、見つかりませんでした。
そこで、はっと、思いついたのが、高校で習った歌だったかも、ということで、直ぐに、高校の音楽の教科書(抜粋、コピー)を調べたところ、見つかりました。
「声(三部輪唱)」〔水田詩仙 作詞、ドイツ民謡〕でした。

因みに、音楽の教科書は、「高等学校音楽1、2」(黒沢隆朝・小川一朗 編、全音楽譜出版社 昭和26年7月23日 文部省検定済み)です。
これらの教科書に収録されている歌の中で、今も、心に留まり、たまに口遊むことがある、好きな歌の主なものを挙げますと、次のとおりです。
 ①「楽しき春」(藤村俊 作詞、L.v.Beethoven 作曲)
 ②「樹陰の泉」〔黒沢隆朝 作詞、German Air(ドイツ民謡)〕
 ③「声(三部輪唱)」〔水田詩仙 作詞、ドイツ民謡〕
 ④「希望の歌」(津川主一 作詞、A.Hawthorne 作曲)
 ⑤「春の歌」(水田詩仙 作詞、F.Mendelssohn 作曲)
 ⑥「楽に寄す」(堀内敬三 作詞、F.Schubert  作曲)
 ⑦「聴け聴け雲雀」(水田詩仙 作詞、F.Schubert  作曲)
  ⑧「常夏の国(Londonderry Air)」〔水田詩仙 作詞、Old Irish Air(アイルランド古謡)〕
 ⑨「母と子」〔水田詩仙 作詞、Old Vienna Air(ウイーン古謡)〕

これらを眺めますと、すべて外国曲ですが、一方、作詞者については、水田詩仙という詩人による歌が多い訳で、どうしてだろうと、前々から思っていました。
そして、今回のネット検索作業を通じて、その謎が解けたように思いました。
この教科書の編者の一人である、黒沢隆朝さんは、Wikipediaによれば、”作曲家。… 別名・水田詩仙(みずたしせん)、桑田つねし、秋田実、植村甫(はじめ)、西田徹、藤村俊、藤原俊。”とあります。
つまり、①~③、⑤、⑦~⑨は、すべて、同一人物・黒沢隆朝さんによる作詞でした。そして、編者が自作の詞(詩)を多用することは、当然あり得ることと納得したのでした。

 



[1694] 能勢の赤ひげさん

投稿者: なち 投稿日:2020年 6月20日(土)00時53分17秒   通報   返信・引用

「白鳥の歌」のメロディで「東海の・・」を唄ったのです。
書き方が悪くてすみません。

https://emuzu-2.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-7a25.html

https://www.youtube.com/watch?v=2hR0975SObI



[1693] Re: 梅酒

投稿者: konoha 投稿日:2020年 6月19日(金)14時33分3秒   通報   返信・引用   編集済

けんさま
 色々な果実酒をお作りになったのですね。札幌でのおばあさん、なんか魔法使いのおばあさんみたいですね。(漫画の見過ぎ かも(笑)) またたび酒、人が飲むとまた旅をする、北海道ならではのお話ですね。15年以上の朝鮮人参酒、飲むのが惜しくなってくるのではと思いますが。一年一年と経過していくのをニヤニヤしながら眺めてしそうです。寿命がつきそうな話ですが、落語になりますね。私が死んだ後、梅酒はどうなるのでしょう。


goyu8949さま
 年代物の果実酒は氷砂糖の甘さに棘がなくまろやかになります。オンザロックでいただきますと美味しいです。
焼酎とのブレンドも乙なものになりますね(ダジャレです)同じ焼酎同士、相性がいいかもしれません。


 私は梅酒ができた後の梅を種を取り除いてから、梅肉をお鍋に入れて梅の量の1/3位の水を入れ最初は中弱火、見ていて沸騰してきたら、とろ火でコトコトと煮詰めます。水分がなくなる前に火を止めます。冷めると梅ジャムになります。パンに塗っても良し(酸味があります)、またタッパーに入れて冷やすと(凍らせても可)冷菓になり美味しいです。奥様にオススメです。



[1692] Re: 梅酒

投稿者: goyu4989 投稿日:2020年 6月19日(金)11時44分9秒   通報   返信・引用   編集済

Konoha様

コメントありがとうございます。

梅酒作りもお年玉郵便切手もすごいですね!
年代物と新しい梅酒のブレンド、これはいいことを伺いました。
たしか我が家にも黒くなった梅酒・果林種・山桃酒が何瓶かあったと思います。しばらく果実酒は作っていないので、いつも飲んでいる乙類焼酎をブレンドすればどうなるのか、試してみることにします。

>goyu4989さまの奥様はあっぱれです。そしてお幸せですね。

恐縮です。実際は、甲斐性のない夫ですので苦労ばかりかけています。


1615件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.