うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[450] 「涙のはぐれ鳥」

投稿者: yasushi 投稿日:2018年11月 8日(木)17時20分42秒   通報   返信・引用

皆様には、美空ひばりさんの、この歌を聴いたことがおありでしょうか。

「二木紘三のうた物語」の「リンゴ追分」の項でも述べましたように('18-1-25の拙投稿をご参照)、美空ひばりさんの高い歌唱力については疑いもなく、私と同い歳ということもあり、殊更、親近感を持ち、高校生の頃までは、ひばりさんの新曲が出るたびにフォローして、憶えたものです。

それらの歌の中で、当時よく口遊んだ歌で、老境に達した昨今では、全く耳にすることがなくなった歌がありました。歌詞の中に、♪お月様さえ 涙でくもる…♪や、♪…もう日が暮れる♪などのフレーズあったことと、メロディの半分位は憶えていましたが、歌の題名や歌詞・メロディ(全体)は、とうに失念していました。

記憶にあるメロディは、短調で、とても美しく、心に沁み込み、徐々に、この歌に再会したいという気持ちが高まってきました。そこで、これまで、幾度も、インターネットで検索を試みましたが、果たせませんでした。

そして、昨日、ついに、この歌に再会出来ました。YouTube画面から、この歌が流れてきたときは、”やった!やっと見つけた!と、思わず声が出ました。
「涙のはぐれ鳥」(和田隆夫 作詞、万城目正 作曲 S26)という歌で、松竹映画「陽気な渡り鳥」の主題歌とのことでした。ひばりさんが14歳頃の歌でした。
歌詞1番は、
    赤い夕日に ほろほろ鳩が
    啼いてはぐれて もう日が暮れる
    翼いたかろ かわいい小鳩
    わたしもさみしい 親なし小鳥

長年、なかなか見つからず、かくなる上は、”尋ね歌”で皆様に尋ねてみようかと思っていた矢先に、この歌が見つかり、早速、私のHDDジューク・ボックスに収録して、繰り返し聴いて、悦に入っております。



[449] なち様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月 8日(木)16時44分35秒   通報   返信・引用   編集済

なち様
どうにか  たどり着いたが  三船浩{古城の四季}スピーカーマークがあるのに
反応せず残念でした。
いろいろご面倒をおかけいたしました。何かの折には又よろしくお願い致します。

当地ではドウダンツツジの紅葉が見頃です。
我が家の柏葉紫陽花も紅葉しております。



[448] Re: 混陽池の中に日本地図

投稿者: yasushi 投稿日:2018年11月 8日(木)16時14分0秒   通報   返信・引用

> yasushiさん、きれいなバラで公園も広いですね。
> 荒巻バラ公園はどの辺りなのか地図で調べたら、ふるさとへ帰る時に通る中国道の近くです。
> 今気づいたのですが、混陽池とどの位離れているのかと思ったら、混陽池の中に日本地図がありますね。
> 行ったことがありますが、傍からでは分からないこと。
> 行く前に調べていたのですが、パンフレットを見た時も気が付きませんでした。
> 北海道にも北海道があるようですよ。
> https://pucchi.net/hokkaido/spot/hokkaido-in-hokkaido.php
> ----
> nobaraさんのコメントで気づきました。バラ科のハマナスですね。
> 棘のない優しそうなバラと観ていました。私のコメントは 編集ばかり・・


なち様のお便りの中に、昆陽池の中の日本地図の話がありましたが、確かに、余り近づき過ぎますと、それと認識するのは難しいでしょうね。

まだサラリーマン現役の頃、ときどき、飛行機を利用して、伊丹空港から出張先へ行きました。子供の頃からの飛行機ファンでしたので、基本的には、外の景色が見られる窓側席を確保したものです。
出発では、通常の風向きなら、北西方向に離陸し、丁度、昆陽池上空辺りで左旋回してコースをとるのですが、そのとき、昆陽池とその中にあるミニ日本列島(島)がくっきり見え、”行ってきます”と別れを告げるのでした。

それで、思いつきですが、飛行機から眺めることを意図して、ミニ日本列島(島)を池の中に設けたのではなかろうかということでした。



[447] 地図

投稿者: なち 投稿日:2018年11月 8日(木)14時58分53秒   通報   返信・引用   編集済

Googleの地図に「伊丹市」を入れると、右に写真等があります。
地図をクリックすると兵庫県に対しての大きさが色で分かります。
右下で大きくしたり小さく出来ます。
荒巻バラ公園 で検索すると赤で大きく表示されます。
右下の人間を赤い印の所に持って行くと、カメラが走った所が青くなるのでそこでマウスを離して走れます。
左の写真に回転の印があれば写真をクリックして遊べます。

こんなページがあります。過疎地域だって。
大きくすると何処を見ているのか分からないし、小さくすると詳しく分からないので2枚開くことがあります。
http://www.kaso-net.or.jp/map/hyogo.htm

住所、名前、電話番号等を入れて 住所でポン で検索してみてください。



[446] Re: 混陽池の中に日本地図

投稿者: nobara 投稿日:2018年11月 8日(木)14時18分39秒   通報   返信・引用

なちさま

ありがとうございます。
いつもながら、PCスキルの見事さと、頭脳の柔軟なことに驚きました。
私は地図音痴方向音痴なので、地図帳を開いて、伊丹ががどのあたりなのか確認しましたが、PCではまだちょっと使いこなせません。

> 北海道にも北海道があるようですよ。

はて、どういう意味か?と思いながら、クリックしてビックリ!
昔はなかったものです。一か所は台風の被害にあって、大変なことになっているようで、胸が痛みます。nobara



[445] 荒巻バラ園のハマナス

投稿者: nobara 投稿日:2018年11月 8日(木)14時04分6秒   通報   返信・引用   編集済

yasushiさま

ハマナスの写真をありがとうございます。
白いハマナスは、実際に見たことはありませんでした。
ハマナスは父の好きな花でした。祖父が逓信省に勤めていたので、父は東京で生まれ育ったのですが、北海道の大自然を祖父も父も愛していました。
父は流木を拾い、壁にかける▼形に似た花活けを作り、夏になると多分石狩のあたりかと思うのですが、ハマナスを一輪採りに行き活けていました。流木を削って作った花活けはあまりにハマナスに似合うので、他の花がそこに飾られることはなく……毎年そんなふうでした。忙しい勤務の合間の慰めだったのでしょうか……。おかげさまで、すっかり忘れていたそんなことを思い出しました。nobara



[444] 混陽池の中に日本地図

投稿者: なち 投稿日:2018年11月 8日(木)12時52分31秒   通報   返信・引用   編集済

yasushiさん、きれいなバラで公園も広いですね。
荒巻バラ公園はどの辺りなのか地図で調べたら、ふるさとへ帰る時に通る中国道の近くです。
今気づいたのですが、混陽池とどの位離れているのかと思ったら、混陽池の中に日本地図がありますね。
行ったことがありますが、傍からでは分からないこと。
行く前に調べていたのですが、パンフレットを見た時も気が付きませんでした。
北海道にも北海道があるようですよ。
https://pucchi.net/hokkaido/spot/hokkaido-in-hokkaido.php
----
nobaraさんのコメントで気づきました。バラ科のハマナスですね。
棘のない優しそうなバラと観ていました。私のコメントは 編集ばかり・・



[443] Re: シャンソン「フル・フル」

投稿者: yasushi 投稿日:2018年11月 8日(木)11時02分10秒   通報   返信・引用   編集済

> yasushiさま
>
> とても懐かしい歌ですね。
> 中原美紗緒さんの歌は「フルフル」と「河は呼んでいる」が特に心に残っています。YouTubeで本当に久しぶりに視聴しましたが、品が良く優しい歌声に、うっとりしました。
> 特に「フルフル」は中原美紗緒さんでなくては……(日本の当時の歌手では)出せないような繊細な美しさを感じました。大人の女性のように昔の私の目には見えましたが、今YouTubeの画像を見ると、なんと若く可愛らしい方なのでしょう……!
> フルフル、衣擦れの音は、シルクの、フレアが豊かなエレガントなスカートを連想させられます。
> フランス語のフルフルの鈴を転がすような……? 想像力を刺激されます。nobara
>
>

nobara様のお便り、有難うございました。
共感できる方に巡り合うことは、嬉しいことです。

目の保養に、ハマナス(バラ科)の花の写真2葉を添付します。この春に、荒牧バラ公園(兵庫県・伊丹市)で撮ったものです。
 
※ ”荒巻”を”荒牧”と修正しました。

http://



[442] Re: シャンソン「フル・フル」

投稿者: nobara 投稿日:2018年11月 7日(水)22時11分32秒   通報   返信・引用 > No.400[元記事へ]

yasushiさま

とても懐かしい歌ですね。
中原美紗緒さんの歌は「フルフル」と「河は呼んでいる」が特に心に残っています。YouTubeで本当に久しぶりに視聴しましたが、品が良く優しい歌声に、うっとりしました。
特に「フルフル」は中原美紗緒さんでなくては……(日本の当時の歌手では)出せないような繊細な美しさを感じました。大人の女性のように昔の私の目には見えましたが、今YouTubeの画像を見ると、なんと若く可愛らしい方なのでしょう……!
フルフル、衣擦れの音は、シルクの、フレアが豊かなエレガントなスカートを連想させられます。
フランス語のフルフルの鈴を転がすような……? 想像力を刺激されます。nobara





[441] なち様

投稿者: りんご  投稿日:2018年11月 7日(水)21時50分47秒   通報   返信・引用

なち様

せっかく「ガンバレ」クマちゃんまで駆り出して下さったのに
明日の夜又試してみます。
おやすみなさい


455件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.