うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


883件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[965] Re: Re:仰げば尊し!

投稿者: けん  投稿日:2019年 4月 7日(日)07時15分57秒   通報   返信・引用 > No.952[元記事へ]

芳勝様へ

草笛の練習されていますか?
あまりにも個人的なコメントになりますので この覧を使わせて頂きます。

「仰げば尊し」のコメントを何度も拝読させていただきました!
芳勝様のごきょうだいの先生に対する感謝の思い・行動、先生の対応・・泣けました。

 私は山間部の僻地の小学校で 6年間すごしました。ご勤務されているすべての先生から叱られたり褒められたりしながら過ごしました。卒業式には「仰げば尊し」を同級生・在校生全部と父兄も一緒にお世話になった先生方に恩を感じながら歌いました。
 本当は一人一人の先生方にお礼を言いたかったのですが、内向的でそんな勇気がありませんでした。また 先生との距離を近くして自分だけ親しく話していると、同級生から「仲間外れ」にされることもあります。

 気の弱い内気な子供にとって卒業式にみんなで歌う「仰げば尊し」は 先生方に対する生徒たちの感謝の思いを表現できる大切な時間でもありました。

その大切な歌を歌わせない学校、大人の先生方、教育者があることはお気の毒です。コメントに書いてあった校長先生の「思い」より、歌えなかった子供たちの悲しさ、辛さ、悔しさを私は感じます。

> こちら蒲郡市の平和公園に盛大に咲くさくらは、例年より遅くちょうど入学式の頃に満開になるようです。

いつか 蒲郡市にお伺いして芳勝様と「仰げば尊し」を草笛演奏したいです。

                                        けん



[964] 55年前の朝ドラ「うず潮」が私の1番!

投稿者: 迷える古羊  投稿日:2019年 4月 7日(日)00時50分13秒   通報   返信・引用   編集済

 三月末で《まんぷく》も終わりましたが、「半分青い」に次いでこの「まんぷく」も、結構面白い作品でした。そして4月1日から新しく『なつぞら』が始まり、初回から主人公の〈なっちゃん〉には泣かされ放っしです。子役には勝てませんね。
 『NHK朝ドラ』 は今回の 『なつぞら』が100作目とか・・始めの頃は一作一年ペースでやっていましたが、途中から一作一年では大変と言うことで一作が半年ペースになったと聞いています。(日曜日を除き毎日15分のドラマを作成するのは俳優や制作に携わるスタッフの健康管理を始め、当時物価上昇もきつく予算がもたない等々色々問題が生じたようです。)
 この前「朝ドラ100作目」の記念番組で過去に放映された朝ドラ人気順位をやっていまして、『ちりとてちん』の草若師匠・渡瀬恒彦さんの復活の場面が1位に選ばれたようですが、私が勝手に選んだ『NHK朝ドラ』のBest oneは、何と言っても4作目の『うず潮』です。ヒロインの林美智子さんが演じる林芙美子と、彼女が恋い慕う津川雅彦さん演ずる帝大生・大杉光平との再会場面は今見ても胸きゅンものです。
 「朝ドラ」の正式名称は「NHK連続テレビ小説」ですが、昭和39年の5月頃、私は会社(広島支社)の食堂で昼食中、ふと食堂のテレビに目をやりましたら『うず潮』をやっていまして、そこに映っていた女優さんに目が釘付になりました。その女優さんがその頃仕事で毎日のように訪問している、取引先の惚れかかっていた女子職員さんにとても似ているのです。あとで調べるとその女優さんは林美智子さんと判り、それに刺激されて林美智子さんは、私が大好きな女優さんの一人になりました。その惚れかかっていた取引先の女子職員さんには惚れてしまいましたが、その後、告白したら振られてしまいました。あれから55年経ち、昨年、あこがれ様とメールをしていましたら、失恋したその女性は、あこがれ様の母校(広島F高校)の後輩で、この偶然には笑うに笑えませんでした・・( 情けないですね!青春とは何だ!一事不再理か!やり直しは出来なかったのか!このウジ虫め!と自問自答の後悔しかない55年前の出来事であります。これから大きく羽ばたけるうら若き「なつぞら・なっちゃん」がうらやましい限りです。)長文失礼しました。



http://  



[963] ホッといたしました

投稿者: 一章  投稿日:2019年 4月 7日(日)00時05分42秒   通報   返信・引用   編集済

あこがれさま 越村 南さま 早速のお便りありがとうございます。
恐縮いたしております。

PHPの掲載をいたしたものの、日頃から皆様のコメントを拝読する中で、差し出がましいと思い削除いたしました。私の独断でした。ご勘弁ください。

この度の あこがれさま 越村 南さまのコメントを拝読しホッといたしたところです。
やはり、うた物語の仲間っていいものですね!
私も仲間の一人として嬉しく思います。
これからもお二方の心温まる素敵なコメントを楽しみにいたしています。今後とも宜しくお願いいたします。

先日、コンビニでPHPの「明日はきっと、いい日になる。」の小冊子を買い求めました。
日頃の私の生活信条的なことが目に留まりましたので、僭越ながら序文の一部を、ご紹介させていただきます。

頑張っているのに、うまくいかない。
つらいことや嫌なことがあると、頭から離れない。
自分の選択はこれでよかったのかと迷う。
自分にとっての幸せが、よくわからない・・・・・。

人生はいいことばかりではないから、
心がふさいでしまうこと、ありますよね。

ただ、同じような境遇にあっても、
気持ちに整理をつけて、
穏やかに暮らしている人はいます。
そのヒントは、

「物の考え方」や「心の持ち方」にありそうです。

つらいことも、嫌なことも、
まったくなくなることはないけれど、
それでも前を向いて歩いていく。
そんな力を与えてくれる、
考え方のコツ、気持ちの切り替え方・・・。

心を軽くするためのアドバイスの数々を、
さまざまな人生経験を積んだみなさんから
教えていただきました。

このあと、明日はきっと、いい日になる。目次と続きます・・・

第一章 幸せの種はここにある
第二章 あるがままに、しなやかに
第三章 明日はきっと、いい日になる

各章、5~6名の著名な方々がアドバイスをなされています。

各章の表題と著者名を明記してよいのかよく分かりませんので・・・






[962] 一章さまにもご迷惑でした

投稿者:  越村 南 投稿日:2019年 4月 7日(日)00時04分35秒   通報   返信・引用

一章さま
 この度は、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
一章さまの959のコメントを読んで、私もあこがれさま同様、感銘を受けました。なんと心根の優しい人がいるものだと。
今も、自分の短慮なコメントを削除したい気持ちがありますが、失敗したコメントはそのままにしておこうと思いなおしました。
昔、徳川家康が三方が原で武田信玄にさんざんに敗れた後、困り果てた自分の自画像を絵師に描かせ、後々、自戒のよすがとしたとか。「しかみ像」といいますが。
まあ、そんな立派な話を引用するのも気が引けますが、正直、そういう気持ちで、ヘボなコメントを残すことにします。
一章さまのコメントはいつも拝読させていただいていますが、情にあふれた文章に余韻が残ることが多いです。
このたびはご心配をおかけしました。

あこがれさまにも、もう一度、申し訳ございませんでした。



[961] 雲隠れにし 夜半の月かな

投稿者: あこがれ 投稿日:2019年 4月 6日(土)21時29分10秒   通報   返信・引用

一章 様

せっかく心安らぐ素晴らしいお話を、ご紹介頂き 今もう一度 拝見しょうと思い掲示板を開いたら、いつの間にやら雲隠れしているのに気がつきました。
恐らく、ご自分で削除されたのでは?と、拝察いたしますが、一章 様のコメントは、温かくて希望を与えられるような内容だったと思い、消えてしまったことが残念です。
雲隠れ なら、雲が流れてしまえば又現れる筈ですが・・どうなんでしょうね?
“叶うなら”、PHPのお話 もう一度 拝見させてもらえれば、有難いのですが・・・。無理にとは申しませんが・・・。



[960] Re「あなたのすべてを」

投稿者: 芳勝 投稿日:2019年 4月 6日(土)19時00分30秒   通報   返信・引用   編集済

yasushi様

伊東ゆかりが歌う「あなたのすべてを」本当に素晴らしいですね!

実は今日久しぶりに伊東ゆかりのCDアルバムを懐かしく聴いていたのですが、それが終わり、交流掲示板を開いてみたらyasushi様のコメントがあったので、早速YouTubeで伊東ゆかり歌唱の「あなたのすべてを」視聴しましたが、改めて彼女ならではの歌唱力と魅力を感じました。
私のアルバムにはヴァケーション・ロコモーション・ビー・マイ・ベイビー・ワン・ボーイが収録されていますが、これらの曲も伊東ゆかりならではの味があります。残念ながら私のCDには収録されてなかった、彼女が歌う「あなたのすべてを」が聴くことができて良かったです。

今日は天候に誘われ、午前中にこちら蒲郡市のさくらの名所でもある平和公園というところまで足をのばし散歩してきましたが、見事に満開で、見物客も大勢でした。

この度は、私が思春期の頃から馴染んできた「あなたのすべてを」を思い出させてもらい有難うございました。



[958] 「あなたのすべてを」

投稿者: yasushi 投稿日:2019年 4月 6日(土)14時25分54秒   通報   返信・引用

もう20年ほど前、ラジオ(?)から流れてくる、♪名前も知らない あなたと私 なのに不思議ね 胸がときめく…♪、という女性の歌声が聞こえてきました。なかなかいい歌だなあと思いながらも、歌の題名も、歌手名も知ることなく、忘れ去っていました。

そして、一か月ほど前に、テレビ放映のコーラス番組のなかで、この歌に再会しました。ピアノ伴奏による、十数名の若い女性のコーラスでした。
歌は、「あなたのすべてを」(佐々木勉 作詞・作曲・唄 S42)でした。
このコーラスを何度か繰り返し聴いているうちに、この歌のよさに一層惹かれて行きました。

YouTubeで調べましたら、何人かの歌い手さんがこの歌をカバーしていることが分かりました。オリジナルの佐々木勉さんの歌声はもとより、他の歌い手さんの歌声も聴いてみましたところ、佐々木勉さんの歌声は当然として、伊東ゆかりさんの歌声が、私にはとても心地よく感じられました。
歌謡曲を歌っているというより、イタリアの素晴らしいカンツォーネを歌っているかのごとく、豊かな歌唱力に引き込まれるのです。



[957] 京都の桜

投稿者: あこがれ 投稿日:2019年 4月 6日(土)10時37分2秒   通報   返信・引用

越村 さま
私のほうこそ申し訳なく、かえって恐縮します。
越村さまのコメントは、すごく深いところがあって、いつも魅かれ 勉強させていただいおり、大フアンです。これからも、なにとぞよろしくお願いいたします。

今年も、何とか頑張って京都の桜を見に行ってきましたが、足腰がひどく弱っていることを痛感する散策でした。

天候と満開状況と人混みなどを勘案して、最初から あまり無理をしない程度のところと決め、土日を避けて 金曜日(4/5)に大覚寺~龍安寺のみとしました。
この時季、観光客のみなさんは ほとんど嵐山、哲学の道、南禅寺インクライン、平安神宮、岡崎疎水沿い 等々の桜名所に集中されることは予測できましたので、敢えて 賑わう場所をさけ穴場ねらいをしたことは、大正解でした。
大覚寺 大沢の池の周りを取り囲むように咲き誇る桜は、いずれも満開で人混みもなく のんびりと散策し数枚の写真を撮り、二重の塔の傍に新しくできたカフェで昼食を済ませ、その後 広沢の池沿いの桜街道をのんびり走り、20分くらいで龍安寺へ、観光バスで外人さん達がかなりいましたが、思ったほどのこともなく、境内の床先に腰をおろして石庭(方丈庭園)を ぼ~っと眺めながら、お隣の観光客と話してたら、なんと家内の浜松の実家からそう遠くもない所にお住まいの方と分かり、家内同士話に花が咲いていたようです。
旅先での見知らぬ人との触れ合いも又楽しいものですね。石庭正面の自慢の枝垂れは、まだ五部咲きでしたが・・。

龍安寺の鏡容池のほとりで撮った桜?だと思いますが、珍しいもので名前はわかりませんが・・・写真UPします。



[956] すみませんでした

投稿者:  越村 南 投稿日:2019年 4月 6日(土)06時58分11秒   通報   返信・引用

あこがれさま
いや、私のほうこそ、軽く見過ごせばよいのに・・
一言多かったかな、やはり削除しよう、さて削除の方法はどうだったかなと、今朝掲示板を見て、ご丁寧なコメントに、私のほうこそ、偏った受け止め方だったと大恐縮です。
修業が足りないのは私のほうです。
若いころの瞬間湯沸かし器みたいなところ、まだ直っていません。
本当にすみませんでした。



[955] RE:あこがれさま、残念

投稿者: あこがれ 投稿日:2019年 4月 6日(土)00時21分47秒   通報   返信・引用

越村 南 様

「うた物語」への投稿が少なくて、なんだか寂しいな。そんな気がして軽い気持ちで皆さんに呼びかけただけのことで、特に、こだわりがあってのことではありませんし、また 私のコメントが説教調になっていたとするならば、大変申し訳ありません。私は、いつも上から目線だけは、決して するまいと心がけていたつもりですが、気がつかないうちに そんな風になっていたのですかね。
交流掲示板でのやりとりも、いろんな方々のお考えが多岐に亘って知ることが出来て、すごく楽しみにしていることは勿論です。

私は、まだまだ修行が足らないようです。出直します。


883件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.