うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


959件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[971] ジャズ!

投稿者: 芳勝 投稿日:2019年 4月 7日(日)22時49分16秒   通報   返信・引用

yasushi様

ご自宅のご近所で撮影された桜の写真有難うございました。
その三枚の素敵な写真の中でも、特に一番下の写真に写るさくらの花幹は見事な色合いで、まさに絶品です!

yasushi様が印象に残ったと仰る「林檎の木の下で」この曲も私は大好きです。これまでにディックミネをはじめとした、歌唱力のある幾人もの歌手がカバーしてきたジャズ調の曲ですが、そんな中でも私が長年ファンだった歌手の奥村チヨが若いころに歌っているこの唄の動画を今でもよくYouTubeで視聴しています。

陽気が良くなったとは言え、まだ夜になると冷えたりしますので、どうかお身体を大切されてください。



[970] Re: 「おうま」!

投稿者: konoha  投稿日:2019年 4月 7日(日)19時36分10秒   通報   返信・引用

けんさま、芳勝さま
 まずはごめんなさい。草笛はお手上げでした。どうも私の身体の弱点は肺のようです。以前マイコプラズム肺炎に罹ったとき、肺の断層撮影で既往歴があると言われました。記憶にないと言ったら、自然治癒だったんだね、と言われてしまいました。そのせいか、上がり坂など話しながら歩くと過呼吸になってしまい、吸うことはできるのですが、息を吐くことが出来なくなってしまいます。それ由なのか、草笛の息が続きません。やりすぎると目眩いさえ覚えてしまい、断念しました。

 ツツジの若葉を見て、一生懸命練習したのを思い出しました。せっかくけんさまには手ほどきを受けていたのに申し訳ないです。芳勝さまどうぞ頑張ってものにしてください。いつの日かお二人の合奏をお聴きしたいものですね。^▽^



[969] 「おうま」!

投稿者: 芳勝 投稿日:2019年 4月 7日(日)18時41分32秒   通報   返信・引用

けん様

お便り嬉しく拝見いたしました!

自分の方からご報告できるレベルではありませんが、草笛練習しています。
あれから「おうま」おうまのおやこは仲よしこよし・・・を何とか吹けるようになりました。
今、挑戦している曲は「やさしいおかあさま」わたしがおねむになったとき・・・です。
中々上達しませんが、しつこく練習しています。
自分が好きな曲で、できるだけ単純な唄を選択してる段階です。草笛は思ってたより難しく深いですね!

「仰げば尊し」この唄は唱歌の中で私の一番好きな曲でもあり、皆さんがご投稿されたコメントを何度か読んでいるうちに、昔、長姉から聞いた時に思わず胸を熱くした、想い出話をコメントしたくなった次第です。
その当時、どん底の生活をしていたことも、今では良き想い出として話せることの喜びを感じます。
そんな幼少のころの経験があったからこそ、今の幸せな生活があるような気がしています。
小5の姉と小4だった兄にとってM先生との貴重な出会いは、きっと特別な宝物になっていると思います。

けん様は、私みたいな若輩者にも心を込めたお便りをくだいます。そのことを私は強く感謝しています。
いよいよ本格的な草笛の季節到来ですね!ボランティア活動でのご活躍を心よりお祈りしています。



[968] Re: Re「あなたのすべてを」

投稿者: yasushi 投稿日:2019年 4月 7日(日)12時05分47秒   通報   返信・引用

> yasushi様
>
> 伊東ゆかりが歌う「あなたのすべてを」本当に素晴らしいですね!
>

芳勝様の共感を得られたようで、嬉しいかぎりです。

伊東ゆかりさんの高い歌唱力については定評があるところであり、歌謡曲ばかりでなく、ヴァケーションやロコモーションなどの外国曲も数多く歌っているのですね。最近、聴いたものでは、「林檎の木の下で」が印象に残っています。

当地(兵庫県川西市)でも、ここ2~3日の暖かさで、桜の開花が進み、昨日、近くの桜並木を車で回りましたが、どこも、ほぼ満開でした。
当地の桜の花(写真)をお届けします。今日、近所で撮ったものです。



[967] 投稿不具合

投稿者: ハコベの花 投稿日:2019年 4月 7日(日)10時42分34秒   通報   返信・引用

うた物語りの投稿が少ないとの投稿がありましたが、私も何回か投稿文を書いたのですが、送信をクリックするとパッと消えてしまい、投稿が出来ないのです。どうしてよいのか分からないのです。それで投稿文が少ないのではないでしょうか。書いている人はいると思います。何かの不具合があるのではないでしょうか。



[966] RE:明日は、きっといい日になる

投稿者: あこがれ 投稿日:2019年 4月 7日(日)07時18分58秒   通報   返信・引用

一章 様

お手数をおかけして、すみませんでした。

「明日は、きっといい日になる」 amazon(¥179)で、さっそく購入手配いたしました。



[965] Re: Re:仰げば尊し!

投稿者: けん  投稿日:2019年 4月 7日(日)07時15分57秒   通報   返信・引用 > No.952[元記事へ]

芳勝様へ

草笛の練習されていますか?
あまりにも個人的なコメントになりますので この覧を使わせて頂きます。

「仰げば尊し」のコメントを何度も拝読させていただきました!
芳勝様のごきょうだいの先生に対する感謝の思い・行動、先生の対応・・泣けました。

 私は山間部の僻地の小学校で 6年間すごしました。ご勤務されているすべての先生から叱られたり褒められたりしながら過ごしました。卒業式には「仰げば尊し」を同級生・在校生全部と父兄も一緒にお世話になった先生方に恩を感じながら歌いました。
 本当は一人一人の先生方にお礼を言いたかったのですが、内向的でそんな勇気がありませんでした。また 先生との距離を近くして自分だけ親しく話していると、同級生から「仲間外れ」にされることもあります。

 気の弱い内気な子供にとって卒業式にみんなで歌う「仰げば尊し」は 先生方に対する生徒たちの感謝の思いを表現できる大切な時間でもありました。

その大切な歌を歌わせない学校、大人の先生方、教育者があることはお気の毒です。コメントに書いてあった校長先生の「思い」より、歌えなかった子供たちの悲しさ、辛さ、悔しさを私は感じます。

> こちら蒲郡市の平和公園に盛大に咲くさくらは、例年より遅くちょうど入学式の頃に満開になるようです。

いつか 蒲郡市にお伺いして芳勝様と「仰げば尊し」を草笛演奏したいです。

                                        けん



[964] 55年前の朝ドラ「うず潮」が私の1番!

投稿者: 迷える古羊  投稿日:2019年 4月 7日(日)00時50分13秒   通報   返信・引用   編集済

 三月末で《まんぷく》も終わりましたが、「半分青い」に次いでこの「まんぷく」も、結構面白い作品でした。そして4月1日から新しく『なつぞら』が始まり、初回から主人公の〈なっちゃん〉には泣かされ放っしです。子役には勝てませんね。
 『NHK朝ドラ』 は今回の 『なつぞら』が100作目とか・・始めの頃は一作一年ペースでやっていましたが、途中から一作一年では大変と言うことで一作が半年ペースになったと聞いています。(日曜日を除き毎日15分のドラマを作成するのは俳優や制作に携わるスタッフの健康管理を始め、当時物価上昇もきつく予算がもたない等々色々問題が生じたようです。)
 この前「朝ドラ100作目」の記念番組で過去に放映された朝ドラ人気順位をやっていまして、『ちりとてちん』の草若師匠・渡瀬恒彦さんの復活の場面が1位に選ばれたようですが、私が勝手に選んだ『NHK朝ドラ』のBest oneは、何と言っても4作目の『うず潮』です。ヒロインの林美智子さんが演じる林芙美子と、彼女が恋い慕う津川雅彦さん演ずる帝大生・大杉光平との再会場面は今見ても胸きゅンものです。
 「朝ドラ」の正式名称は「NHK連続テレビ小説」ですが、昭和39年の5月頃、私は会社(広島支社)の食堂で昼食中、ふと食堂のテレビに目をやりましたら『うず潮』をやっていまして、そこに映っていた女優さんに目が釘付になりました。その女優さんがその頃仕事で毎日のように訪問している、取引先の惚れかかっていた女子職員さんにとても似ているのです。あとで調べるとその女優さんは林美智子さんと判り、それに刺激されて林美智子さんは、私が大好きな女優さんの一人になりました。その惚れかかっていた取引先の女子職員さんには惚れてしまいましたが、その後、告白したら振られてしまいました。あれから55年経ち、昨年、あこがれ様とメールをしていましたら、失恋したその女性は、あこがれ様の母校(広島F高校)の後輩で、この偶然には笑うに笑えませんでした・・( 情けないですね!青春とは何だ!一事不再理か!やり直しは出来なかったのか!このウジ虫め!と自問自答の後悔しかない55年前の出来事であります。これから大きく羽ばたけるうら若き「なつぞら・なっちゃん」がうらやましい限りです。)長文失礼しました。



http://  



[963] ホッといたしました

投稿者: 一章  投稿日:2019年 4月 7日(日)00時05分42秒   通報   返信・引用   編集済

あこがれさま 越村 南さま 早速のお便りありがとうございます。
恐縮いたしております。

PHPの掲載をいたしたものの、日頃から皆様のコメントを拝読する中で、差し出がましいと思い削除いたしました。私の独断でした。ご勘弁ください。

この度の あこがれさま 越村 南さまのコメントを拝読しホッといたしたところです。
やはり、うた物語の仲間っていいものですね!
私も仲間の一人として嬉しく思います。
これからもお二方の心温まる素敵なコメントを楽しみにいたしています。今後とも宜しくお願いいたします。

先日、コンビニでPHPの「明日はきっと、いい日になる。」の小冊子を買い求めました。
日頃の私の生活信条的なことが目に留まりましたので、僭越ながら序文の一部を、ご紹介させていただきます。

頑張っているのに、うまくいかない。
つらいことや嫌なことがあると、頭から離れない。
自分の選択はこれでよかったのかと迷う。
自分にとっての幸せが、よくわからない・・・・・。

人生はいいことばかりではないから、
心がふさいでしまうこと、ありますよね。

ただ、同じような境遇にあっても、
気持ちに整理をつけて、
穏やかに暮らしている人はいます。
そのヒントは、

「物の考え方」や「心の持ち方」にありそうです。

つらいことも、嫌なことも、
まったくなくなることはないけれど、
それでも前を向いて歩いていく。
そんな力を与えてくれる、
考え方のコツ、気持ちの切り替え方・・・。

心を軽くするためのアドバイスの数々を、
さまざまな人生経験を積んだみなさんから
教えていただきました。

このあと、明日はきっと、いい日になる。目次と続きます・・・

第一章 幸せの種はここにある
第二章 あるがままに、しなやかに
第三章 明日はきっと、いい日になる

各章、5~6名の著名な方々がアドバイスをなされています。

各章の表題と著者名を明記してよいのかよく分かりませんので・・・






[962] 一章さまにもご迷惑でした

投稿者:  越村 南 投稿日:2019年 4月 7日(日)00時04分35秒   通報   返信・引用

一章さま
 この度は、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
一章さまの959のコメントを読んで、私もあこがれさま同様、感銘を受けました。なんと心根の優しい人がいるものだと。
今も、自分の短慮なコメントを削除したい気持ちがありますが、失敗したコメントはそのままにしておこうと思いなおしました。
昔、徳川家康が三方が原で武田信玄にさんざんに敗れた後、困り果てた自分の自画像を絵師に描かせ、後々、自戒のよすがとしたとか。「しかみ像」といいますが。
まあ、そんな立派な話を引用するのも気が引けますが、正直、そういう気持ちで、ヘボなコメントを残すことにします。
一章さまのコメントはいつも拝読させていただいていますが、情にあふれた文章に余韻が残ることが多いです。
このたびはご心配をおかけしました。

あこがれさまにも、もう一度、申し訳ございませんでした。


959件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.