うた物語交流掲示板


カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


184件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[215] 続ホロホロ番外編

投稿者: 迷える古羊  投稿日:2018年10月15日(月)21時52分10秒   通報   返信・引用   編集済

konoha様--[189] ふるさとの丘の小径--しつこくてすみません・・
こんな所におられたのですね、その節は、konoha様に振ってしまってすみません・・困ったときのkonoha女史さま頼み・・この迷える私が、くだらないことを書き出したので、古羊を当欄に誘導して頂いたものと思っております。有難うございました。辞書では、ホロホロは、《雉(きじ)や山鳥の鳴き声》と有りますので、ケーン ケーンと鳴く雉も、クック クックと鳴く山鳩も、ほーほーと鳴くフクロウも、みなホロホロに統一していますね・・その意味では、「湖愁」の作詞家が、クックと鳴く小鳩の鳴き声を、クックでは歌にならないのでホロホロとしければならなかった気持は複雑だったことだと推測します。なお、辞書には、ホロホロを山鳥の悲しい鳴き声とは指定していませんので、余計ややこしくなります。確かに山鳥は、悲しくても、楽しくても鳴くし、敵を攻撃する時や、身内同士の報連相でも鳴くでしょう。相手が鳥でなくとも、自分と意思疎通が出来ない森羅万象を相手に作詞するときは作詞家は、擬人化するにしても自分の感性で作詞する外ないでしょうね。konoha様のおしゃる通りです。長文失礼しました。                                        2018.1015迷える小羊

http://  



[214] 桑野みゆき出演映画に納得

投稿者: 焼酎 投稿日:2018年10月15日(月)18時37分12秒   通報   返信・引用

たびたびお騒がせいたします。
芳勝様のコメントで、「白い制服」動画が松竹映画「孤独」のワンシーンだったとはビックラポンでした!納得しました。 「白い制服」動画をネットで見つけた時、橋幸夫・桑野みゆきシーンが「白い制服」という題名の映画?のシーンだと勝手に思ってました(笑)。佐伯孝夫の歌詞と橋・桑野のシーンが微妙に一致(笑)していたので(湖、白樺、岸辺の小道、別れの時(「孤独」の食卓シーン)…)、てっきり動画は「白い制服」のシーンだと誤解してました。
それにしても芳勝様とは歌の好みが似通っているのでビックリしています(こぼれ花、白い制服…)。これからもよろしくお願い申し上げます。



[213] 松竹映画「孤独」!

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年10月15日(月)17時55分32秒   通報   返信・引用

焼酎様がUPして下さった「白い制服」動画のシーンを観ながら、昔観た懐かしい映画を思い出しました!

このシーンは姉に連れられて一緒に観た、松竹映画「孤独」の中のワンシーンでした。本当に懐かしいです。
当時、橋幸夫のヒット曲「恋をするなら」のレコードB面に「孤独のブルース」という曲がありましたが、
この映画の中で、橋幸夫と桑野みゆきが、静かな湖で二人だけのボートを漕ぐシーンなどに、この「孤独のブルース」が流れていましたが、哀愁ムードのあるとても素敵なメロディでした。この映画の内容も微かながら憶えています。ご配慮いつもありがとうございます。






[212] Re: 白い制服!

投稿者: 焼酎 投稿日:2018年10月15日(月)16時04分7秒   通報   返信・引用 > No.208[元記事へ]

> 焼酎様へ
>
> ご投稿コメントの中に出てくる一曲、橋幸夫の「白い制服」私の大好きな歌です。
>
> 2・すずらん摘んだ岸辺の小路 あなたの肩に沈んだ夕陽
>
>   この白樺にもたれた人よ せめてひとこと好きなんだよと
>
>   打ち明けたいと あぁ 思いつつ ♪ ♪ ♪
>
> 特に、この歌詞の情景に、私は幼少の頃より、そして今も憧れを抱いてきたような気がします(笑)。
>
> 季節柄、寒さが益々厳しくなりますので、お身体にはくれぐれもご自愛下さい。
>
>
>
芳勝様
「白い制服」は佐伯孝夫・?田正コンビの昭和38年ヒット曲でしたが、どういうわけか橋幸夫は紅白では別の歌(お嬢吉三)を唄ったのが残念なところです(笑)(昭和38年の紅白の橋幸夫、検索してみて下さい)。北関東地方は朝晩めっきり冷え込んできた今日この頃ですが、芳勝様におかれてもご自愛下さい。
8823ターミナルズさん提供↓「白い制服」
http://www.youtube.com/watch?v=nQxzghafE3w
(参考)「橋幸夫「白い制服」 メロドラマの伝統と終焉 付・結核文学 : 遊星王子の青春歌謡つれづれ blog.livedoor.jp/yousayplanet/archives/6151601.html 」
(↑リンク貼れなかったので「」丸ごとコピペ検索してみて下さい)



[211] Re: 川は流れる!

投稿者: konoha  投稿日:2018年10月15日(月)14時23分53秒   通報   返信・引用

芳勝さま

 焼け野原の東京を後にして、諏訪に移り住んだ18歳の若者が毎日湖畔や周辺の山々を歩き回り、目に映った景色からどんな心象情景が視えたのでしょう。15編あまりの詩が出来たそうですが、誕生した詩作で、「生きていこう」と決心するとは凡人の私には計り知れないものを感じてしまいます。時代が時代だけに横井弘の凄さに驚嘆してしまいます。

いつもお気にかけてくださりありがとうございます。
芳勝さまも季節の変わり目には体調を崩さぬようにしてくださいね。
 



[210] 私の好きな道・径・路の歌謡曲5選

投稿者: yasushi 投稿日:2018年10月15日(月)14時13分34秒   通報   返信・引用

タイトルに道・径・路が入った歌は、数限りなくあると思いますが、最近、私が口遊んだり、カラオケで歌うことが多い、道・径・路の歌謡曲を5曲挙げてみました。
計らずも、すべて、長調の歌です。
  ① 「森の小径」(佐伯孝夫 作詞、灰田晴彦 作曲、灰田勝彦 唄 S15)
  ② 「星影の小径」(矢野亮 作詞、利根一郎 作曲、小畑実 唄 S25)
  ③ 「白樺の小径」(佐伯孝夫 作詞、佐々木俊一 作曲、淡谷のり子 唄 S26)
  ④ 「マロニエの並木路」(矢野亮 作詞、中野忠晴 作曲、松島詩子 唄 S28)
  ⑤ 「山蔭の道」(高橋掬太郎 作詞、飯田三郎 作曲、若原一郎 唄 S31)

「森の小径」は、明るいなかにも静かな恋の思いを秘めた、愛の歌と言えましょう。出だしの、♪ほろほろこぼれる…♪(1番)、♪憶えているかい…♪(2番)、♪なんにも言わずに…♪(3番)は、いずれも、平易な表現で、すっと口から出ます。
なお、3番目の出だしは、オリジナルは下記①のような歌い方になっていますが、私は、”言わずに”が*のところで泣き別れにならないようにとの思いから、自己流で、②のように歌っています。
  ① なんにもい*ーわずにー
  ② なーんにも*いわずにー

「星影の小径」は、♪静かに 静かに 手をとり 手をとり…♪の出だしで、同じ小畑実さんの歌「アメリカ通いの白い船」(S24)などとともに、好きな歌です。

「白樺の小径」は、♪白樺の この径は 思い出の さみしい径…♪で始まる歌です。淡谷のり子さんが歌う長調の歌は珍しいように思います。タイトルにありますように、白樺が登場します。

「マロニエの並木路」は、♪たそがれの鐘の音(ね)が 流れゆく 銀座裏…♪で始まるように、舞台は東京・銀座です。 同じコンビの作になる「喫茶店の片隅で」(松島詩子 唄 S30)も大好きです。

「山蔭の道」は、♪白樺そよぐ 山蔭の 丘の細道 どこまでつづく…♪と、この歌にも白樺が登場です。この夏、乗鞍高原へ出かけ、間近に白樺に出会えてこともあり、しみじみと山の風景を思い出させてくれます。



[209] 川は流れる!

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年10月15日(月)11時41分25秒   通報   返信・引用

konoha様へ

「川は流れる」のコメントを拝読しまして

>横井弘は復員してきて長野県下諏訪に住んだ時
「好きな道で生きよう。」と決めたそうです。
詩で生きるということは既に文学者だったのですね。

konoha様のまさにこの的確なコメントに、私も全くの同感です!

お身体にはくれぐれもご自愛の上、これからもkonoha様のご投稿コメントを心待ちにしています。





[208] 白い制服!

投稿者: 芳勝 投稿日:2018年10月15日(月)11時13分27秒   通報   返信・引用

焼酎様へ

ご投稿コメントの中に出てくる一曲、橋幸夫の「白い制服」私の大好きな歌です。

2・すずらん摘んだ岸辺の小路 あなたの肩に沈んだ夕陽

  この白樺にもたれた人よ せめてひとこと好きなんだよと

  打ち明けたいと あぁ 思いつつ ♪ ♪ ♪

特に、この歌詞の情景に、私は幼少の頃より、そして今も憧れを抱いてきたような気がします(笑)。

季節柄、寒さが益々厳しくなりますので、お身体にはくれぐれもご自愛下さい。




[207] ストリートビュー

投稿者: なち 投稿日:2018年10月15日(月)10時02分46秒   通報   返信・引用

nobaraさん、住所で検索すると nobaraさんの豪邸が見れるのはご存知でしょう。
左下の地図を使えばぴょんと飛んで行けます。
左上の日付をクリックすると、カメラが2回走っていると前の季節のも見れます。
お城や美術館等もカメラが入っていると中も見れます。
山などはボランティアの方がカメラを背負って協力されておられるとか。
でもYouTubeでストリートビューの映像がありますが、ちょっとねぇ・・



[206] Re: 空から札幌を見てみよう

投稿者: nobara 投稿日:2018年10月15日(月)09時01分57秒   通報   返信・引用 > No.205[元記事へ]

> 藻岩山は知らなかったのですが札幌ですね。

なち様

そうです。私が住んでいたころはまだ地下鉄はなく、山手線のようにぐるりと路面電車が走り、その中ほどの住宅地に住んでいました。道路は碁盤のように区画され、暮らし良い所でした。
今では石狩のあたりも札幌というそうで、時の流れを感じます。

なち様はCPの達人とお見受けします。、以前から何かとお世話になっておりますが、これからもよろしくお願いいたします。
私はストリートビューもまだ使いこなせません。ちょっと怖いような気がして……。nobara


184件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.